のぼり旗のはじまり

のぼり旗の歴史は、戦国時代の旗印にあるという説が主流です。
(弥生時代という説もあるようです⇒のぼり旗の入門書

戦地で自分の陣地には自分ののぼり旗を立て、敵地を征服したときには、自分たちののぼり旗をたてることで、勝利をアピールしました。

戦国武将にはそれぞれに自軍を表す印があり、いまでも各武将の名残のある土地では、土産物などにアレンジされて入手することもできます。

のぼり旗に登り鯉の絵柄を描いたものが、武家で流行した鯉のぼりの原型です。

息子に恵まれた武家では、鯉の滝登りにあやかって、立身出世を願って床の間に鎧兜と一緒に飾り付けました。

のぼり旗は神社仏閣、歌舞伎小屋、相撲の興行の際にも立てられ、村の鎮守の神さまのお祭りでは、氏子がのぼりを寄贈してきました。

のぼりの現在の主な使用用途といえば、店や商売のための宣伝アイテムです。

いずれにしても、多くの人の目にとまり、商売繁盛を目的に使用されるのがのぼり旗ということになりますね。